読谷村大湾にある、ブラジル産の本格的なコーヒーが飲めるお店「VIVA LA COFFEE」へ行ってきました。

読谷村の外人住宅街にひっそりと佇むこのお店。周囲には目印になるお店や建物もなく、看板もポツンと立っているのみでほんとひっそりと佇んでいます。しかしいつ行ってもほぼ満席状態という人気っぷり…。
駐車場はお店の前に3台(小型車だけだと4台くらい?)停められますが、狭いので複数人で来られる際は乗り合わせしたほうが良いです。

古堅南小学校近くからナビを頼りに住宅街から坂を登りきると、小さな看板が見えてくるのでそれが目印です。

2年ほど前に仕事の作業をする場所が欲しくて知り合いの家を借りたことからこのお店を知ったキッカケ。徒歩圏内に行けて、集中力切れたらよくコーヒー飲みに顔出しに行ってました。
オーナー夫婦のノリさん&ユキさんのあたたかい雰囲気に癒やされます♪

外人住宅を改装した店内は、無機質でシンプルな外観とは裏腹にウッドベースが基調な暖かい店内。
オーナー夫婦と仲間たちでほぼ手作りで作ったそうですよ。なんてステキ。

キッズルーム

奥の部屋はキッズルームになっていて、靴を脱いでのびのびとくつろげます。

ドリンクメニュー

ドリンクメニューはこんな感じ。
ユキさんの叔父さんが営む「トミオフクダ」というブラジル産の豆を使用しています。
どれも苦味の少ないスッキリと味わいで飲みやすいですよ。

デザートメニュー
ランチメニュー

フードメニューは、世界各国を旅して習得したローカルフードを提供中。
フェイジョンとムケッカも以前食べましたが、どれも満足する美味しさです。俺的にはピリ辛&ココナッツの味が見事にマッチした『ムケッカ』が好みでした。
ビーフストロガノフも近々食べに行かないとなぁ。

期間限定メニュー

いつまでやってるかは不明ですが、期間限定メニューで「ココナッツシュリンプカリー」と「かぼちゃとクリームチーズのタルト」が提供されていました。

店内には旅にまつわる文庫本が。のんびりとした店内で読むと、現実離れして夢の世界へ入り込むことができますよ〜。

ココナッツシュリンプカリー

ビーフストロガノフと迷いに迷って、期間限定の「ココナッツシュリンプカリー」を注文。
ゴロゴロたっぷり入った大きめのじゃがいもとエビは食べごたえ抜群。
ココナッツの甘みがやみつきになりそうなくらい良いアクセントを効かせてる。

ブラジルのプリン・ドリンクセット

こっちは連れが頼んだ「ブラジルのプリン」。キャラメル感が強そうな見た目と甘さ&香りな印象。
一口もらおうと思ったけど、いつの間にか完食されてた…。
注文した本人曰く「とろける美味しさだった」とのことでした(語彙力)

食後はもちろんコーヒーで〆なきゃね。
イケメンマスター・ノリさんがていねいに注いでくれる一杯は格別です。

ビバラコーヒーカフェ / 読谷村)
昼総合点★★★★☆ 4.7